新製品のPRビデオが出来てきた。

年末に上司が海外に飛んで撮った渾身の1本。業界では知られた著名人2人を呼び、新製品の魅力を語ってもらった、主力製品にふさわしいデキのPRビデオ。

だったはず。

やねんけど。

「ほんまにこれで売れんの?製品の魅力がちぃとも伝わってこんやん?」

再生が始まってすぐ、頭に浮かんだ率直な感想がコレ。

モニターの中では、業界では知らない者がいないと言われるスゴいヒトが、新製品をベタ褒めしてる。「マーベラス」やの「エクセレント」やの「ワンダフル」やの。

こーれーでーもーかーーー!!なぐらい美辞麗句を並べ立てて、2人がかりで新技術の素晴らしさを褒め称えて、現地駐在中の弊社若手営業も出てきて、みんなで「新製品SUGEEEE!」を連呼。

その新技術の部分は私の専門やないから、新製品がどれだけ「Awesome!」で「Amazing」なんかはよく分からんものの、1つだけ、「なんでやねん、そこはぜーったいソレとちゃうやろ!」と思ったことがあった。

それは、PR動画の締めの部分。

ひとしきり製品の映像と著名人2人のお墨付きと弊社営業の美辞麗句が並んだあと、この3人が横一列に並んでニコニコしてるところで映像が暗くなって弊社ロゴが浮かんで終了。

この、スリーショットの部分が…めっちゃアホなことになってる。

新製品のPRビデオ、弊社営業がど真ん中

まず、3人の並びがオカシイ。

左から著名人1、弊社若手営業(海外駐在)、著名人2。

センターポジションを、うちの営業が陣取ってる?!

さらに、ピントが当たってるのは中央のうちの営業だけで、両隣の超重要な業界著名人は、なんと思いっきりボカされてただのエキストラみたいになってる。

は?ちょっと待って?

なぁ?誰が重要人物やねん?この3人の中で、一番重要じゃなくて、「お前はピンボケでええやろ!」なのが弊社若手営業ちゃうの? 百歩譲って、この弊社若手営業が今回の新製品のコアになる技術を開発したすっごい技術者なんやったら、まあ、許容範囲かなぁと思う。自社製品のPRビデオやし?

やけど確認してみたら、別のこのセンターポジションにいる営業は、新製品の開発を成功に導いた立役者でもなんでもなくて、ただの、たーだーの、1営業でしかなかった。

本来太鼓持ちレベルでいいはずの、製品開発にほとんど貢献してないだろう営業を、なんでど真ん中に立たすねんな。

なんでこの営業だけにピント当てて、製品開発に多大なる助力を頂いたであろう著名人2人=重要人物たちを脇に置いて、ピント外してボカすねんな。

意味わからん。さっぱり理解できひん。

畑違いの開発チームが撮ったビデオやったら分かるけど、これ、マーケティング部が陣頭指揮取って撮影したんやろ?君ら、大丈夫か?

このPRビデオの絵コンテ切った人、誰?

カメラマン、オカシイとか思わんかったん?

それとも、弊社の特徴やけど、自分らが一番・常に正しい!って思いこんでるから、何言ぅてもムダやろ、と思ってカメラマンとか何も言わんかったん?

弊社な、俺らSUGEEEE!が過ぎてて「オレら絶対正しい」って信じてるからな。めっさズレてても、「オレらがズレてるぅ?お前がアホなんじゃ」って素で言うからな…(外部エージェントを恫喝すんなって)

新製品を舐め回すように、無駄なドアップカットをビシバシ入れてるのはまあ、生暖かく笑ってやり過ごすとして、この「弊社営業ド真ん中!」だけは失笑しか出てこーへん。

このビデオ見て、「うわ、これめっちゃ欲しい!買うで~!」とかまず思えへん。

弊社マーケティング部、ほんまにこのビデオを店頭で流す気なんやろか。

なんか…ほんまにズレてはるわ。

まあ、でもな。ええんやろね。

終わりよければすべて良し。計画通りか計画以上に売上出たらそれでええねん。

あんじょうおきばりやっしゃ。

スポンサードリンク

家電製品の初回ロットは買うな!と言われる理由に驚愕した ダイナースカードにステータスを見出す役職が小さすぎた